どんな会社、どんな働き方が合っていますか?派遣ならスキルを活かしてバリバリ仕事をすることも、プライベートを重視できる会社を探して働くことも可能です。派遣についてご紹介します。

2014年04月17日
自分に合う会社で働こう!-派遣

派遣で仕事を行う場合、スキルを求められることが多くあります。誰でも簡単に派遣の仕事に就けるかと思われがちですが、職種によってはスキルが必須になる場合もあります。そこで、派遣の仕事を紹介される前に、職種別に適正チェックを行われることが多いです。適正チェックはいわゆるスキルチェックと呼ばれており、一度は耳にしたこともあるでしょう。適正チェックの方法として、テスト形式によるチェックが行われており、結果により職種が決定しその後は、コーディネーターの方が自分に合った仕事を紹介してくれるようになります。派遣会社に登録すると、必ず一人一人に担当が付く仕組みになっており担当者のことをコーディネーターと呼んでいます。コーディネーターとの関係は派遣登録が続いている限り長く続いていきます。派遣の仕事紹介から、派遣先へ就労している間にもフォローしてくれるコーディネーターは頼れる存在になるはずです。コーディネーターが適正チェックの結果を参考にしながら仕事先を紹介してくれます。

派遣の仕事に就く前に行われる適正チェックは、あくまでも本人のスキルをチェックするために行われます。今どの程度のスキルを持ち合わせているのかを派遣会社が知ることにより、適正にあった仕事を紹介できるようになります。派遣先が希望する適正を持ち合わせた人材が見つかれば早く派遣の仕事に就くことも可能です。未経験の分野でチャレンジしたい方でしたら、まずは派遣登録の前までに職種について調べ資格を取得出来るものであれば、資格を取得することで有利に仕事紹介が進むはずです。派遣先の企業として派遣を頼むことは、即戦力として活躍してくれる人材を望んでいることが多いです。今まで同じような職種で仕事を経験している方でしたら、適正チェックでも良い結果がついてくるでしょう。経験を活かし、さらにスキルを上げるために派遣として働く道を選ばれる方も増えています。適正チェックの結果では、今の自分のスキルについて知ることが出来て、これからの仕事によりスキルが向上出来る可能性も秘めています。

派遣の仕事では、即戦力を期待される人材と派遣先で人材を育ててくれるケースがあります。そういったあらゆるケースに対しても、判断出来る材料として適正チェックがあるのです。コーディネーターとの面談の際には、これからどういった職種で仕事を希望するのかなど細かく相談に乗ってくれます。希望の仕事に就くためには、スキルがどの程度必要であるかも教えてくれます。経験が必要な職種もあり、そういった職種に就くには、経験者が優遇されることが多いです。また、未経験者でもそれなりに職種について知識を持ち合わせている人材であれば紹介してくれる場合もあります。自分の持っている知識や技術を派遣会社に知ってもらえる機会が、適正チェックになります。派遣の仕事を紹介してもらえたら、またその職種の第一線で働くことが出来たら、自分のスキルアップにつながり経験も積み重ねていけるようになります。

自分に合う会社で働こう!-派遣